和琴三香温泉

北海道

屈斜路湖の南端に位置する和琴半島から、少し離れている湖畔に佇む和琴三香温泉。素朴な雰囲気の漂う宿ですが、自家源泉を所有しており源泉かけ流し、日帰り利用の場合は露天風呂のみの利用となる。昭和55年(1980年)に完成し、平成9年(1997年)に改築。地下600mから毎分180リットルの湧出量を誇る。特徴は温泉の有効成分が日光に反応すると緑色の藻が発生しやすく、また灰色や黒っぽい浮遊物はこの温泉の湯花で、うすい黄色、いぶした煙のような匂いがする。温泉の泉質は単純泉・重曹泉・硫黄泉。泉温は43度?70度。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節炎、慢性消化器病、胆石、肝臓病、肥満、糖尿病、痛風、腰痛、冷え性、皮膚病、婦人病、慢性便秘、痔疾、四十肩、火傷など。

タイトルとURLをコピーしました