緑温泉

北海道

釧網本線緑駅近くにできた清里町3つめの公共温泉が緑温泉。開湯は平成11年(1999年)で、他の2つの緑清荘やパパスランドにはない露天風呂がここの温泉にはある。湯は無色透明で、とろりと柔らかく少しツルツルして、内風呂は中温と高温の二種類を楽しめます。ちなみに緑温泉と言う名前の由来は緑地区と云う地名に由来している。またバリアフリー構造になっており内風呂、露天風呂のほかに高齢者や身障者向けの個室風呂「おもいやり風呂」も併設している。温泉の泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性皮膚病、虚弱児童、動脈硬化症、慢性婦人病など。

タイトルとURLをコピーしました