ほろしん温泉

北海道

沼田町の幌新ダムの傍に位置する「ほろしん温泉」。天塩山地最南端の山麓にある一軒宿温泉で、その歴史は古く、昭和3年(1928年)に遡る。幌新部落で行われる観音講に行く途中、清水が滾々と湧いているの見つけ、掬って飲んでみると、身も心も清々しくなった。観音様の霊水に相違ないと信じ、病にかかると、この奇跡の水を飲むようになりました。昭和38年(1963年)に水質分析検査が行われ、神経痛、リュウマチ、糖尿病等に効果があると分かり、有志による株式会社幌新温泉を組織し、温泉が誕生しした。平成18年(2006年)に旧本館をリニューアルオープン。温泉の泉質は単純硫黄冷鉱泉。泉温は9.8度。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、痔疾患、慢性消化器病、慢性皮膚病、切り傷、慢性婦人病、冷え性、糖尿病など。

【開湯日】

昭和3年(1928年)

【温泉の泉質】

単純硫黄冷鉱泉

ほろしん温泉 アクセス

●JR石狩沼田駅➡︎町営バス➡︎幌新温泉行き➡︎終点下車➡︎約20分
●JR札幌➡︎深川駅乗換え➡︎JR石狩沼田駅下車➡︎町営バス➡︎約20分
●札幌➡︎道央道深川IC➡︎深川留萌道➡︎深川留萌道沼田IC➡︎出口➡︎約15分
●JR旭川➡︎深川駅乗換え➡︎JR石狩沼田駅下車➡︎町営バス➡︎約20分
●旭川➡︎道央道深川ICI➡︎深川留萌道➡︎➡︎深川留萌道沼田IC➡︎左折➡︎約15分

ほろしん温泉 近くの観光ガイド【明日萌駅(恵比島駅)】

平成11年に放映されたNHKテレビ小説「すずらん」の撮影地。ドラマを撮影にあたり古材で簡易駅舎を覆い、その横に昭和初期の駅舎が再現された。現在もそのまま駅舎として使用し、駅舎には「明日萌駅」という表示も残されている。実際の恵比島駅は明治40年に駅舎が改築され、昭和61年1に駅舎が取り壊され、緩急車を改造した簡易駅舎が置かれた無人駅となった。現在もそのまま駅舎として使用、駅舎には「明日萌駅」という表示も残されている。

タイトルとURLをコピーしました