木野温泉

北海道

木野温泉は十勝川温泉から西に向かい、丸美ヶ丘温泉を通りすぎ音更町の住宅街を走り抜けるとある。開湯は昭和63年(1988年)で、音更町木野地区に湧出した新興温泉。また同じ木野地区に2軒の施設があるが全く泉質は異なる。湯はコーラ色したモール泉で、少しツルツル感があり、十勝川温泉よりも濃く感じるがかけ流し。温泉の泉質は単純硫黄泉とナトリウム-塩化物泉の2種類。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消火器病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康促進、慢性皮膚病、糖尿病、慢性婦人病、切り傷など。

【開湯日】

昭和63年(1988年))

【温泉の泉質】

単純硫黄泉とナトリウム-塩化物泉

木野温泉は アクセス

⚫JR帯広駅➡︎バス➡︎上士幌音更行き➡︎15分➡︎木野大通12丁目下車➡︎徒歩7分
⚫道東道➡︎音更帯広ICIR241➡︎一般道➡︎JR帯広駅方面➡︎5km

木野温泉は 近くの観光ガイド【六花亭 帯広本店】

今や北海道を代表する六花亭。中でも帯広本店の限定商品「サクサクパイ」は、パイのサクサクの食感にこだわり、コルネ状のパイの中に生カスタードクリームがたっぷり詰められている、1本150円。当初は帯広の六花亭本店の販売だったが、今は本店以外の二店舗で販売している。また、食感が損なわれないよう、賞味期限が3時間。当初は帯広の六花亭本店でのみの販売だった。今では本店以外の二店舗で売られている。

タイトルとURLをコピーしました