ニセコ昆布温泉

北海道

古くから保養温泉として知られていた昆布温泉郷。その中でも開湯は明治32年(1899年)と最も歴史を誇っているのが鯉川温泉旅館である。自家泉源から涌き出る豊な湯量と効能は、道内でも指折りの名湯と知られていた。明治33年(1900年)には、ニセコ温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定され、今日のニセコ昆布温泉の礎となった。ニセコ西麓、標高約300mの山間に位置し、様々な泉質の湯を堪能でるのが特徴だが、鉄分を多く含んだ茶褐色のと湯は柔らかく肌触り抜群。また昭和5年(1930年)に小樽新聞社により、昆布、洞爺湖、根崎が北海道三霊泉に選ばれた。温泉の泉質は塩化物泉、炭酸水素塩泉などナトリウム、カルシウムなど。温泉の効能は切り傷、慢性婦人病、胃腸病、リウマチ、神経痛など

【開湯日】

明治32年(1899年)

【温泉の泉質】

塩化物泉、炭酸水素塩泉などナトリウム、カルシウムなど

ニセコ昆布温泉 アクセス

●新千歳空港➡︎車➡︎約2時間20分
●札幌➡︎車➡︎中山峠経由➡︎約2時間。●JRニセコ駅➡︎車➡︎約10分。
●JR倶知安駅・ニセコ駅➡︎無料送迎バス➡︎(要予約)
●R5➡︎車➡︎道道66号線➡︎ニセコ町➡︎約10km1。

ニセコ昆布温泉 近くの観光ガイド【ニセコ名水甘露水】

ニセコ連山の自然湧水は「甘露水」と呼ばれ親しまれている。昭和29年に昭和天皇と皇后両陛下がニセコに滞在し、太平洋戦争後の復興と発展途上の北海道の実態を巡幸し、冷たい湧き水を飲み「甘露である」と大変喜ばれたことからな付けられたと云われている。特に「さかもと公園」の敷地内には、水汲み場が道路に面し、駐車場もあるので、通りがかりでも気軽に立ち寄ることができる。

タイトルとURLをコピーしました