山花温泉

北海道

釧路郊外の北西、釧路空港と釧路市街の中間に位置する山花温泉。開湯は平成7年(1995年)で、源泉かけ流しの塩化物泉なのでよく温まる。動物園やタンチョウ保護センターに隣接する一軒宿の公共の宿。薬膳料理が名物で、湯と食の両面でヘルシー体験ができる。また農産物加工実習のプランも堪能できる。動物園やホースパークなど動物たちとふれあう場所、オートキャンプ場などアウトドアライフを楽しむ場所と様々な施設が完備している。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・強塩泉。泉温は42.7度。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、冷え性、皮ふ病、切り傷、慢性消化器病、痔疾、婦人病、打ち身、捻挫など。

【開湯日】

平成7年(1995年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム-塩化物・強塩泉

山花温泉 アクセス

●道東道阿寒➡︎IC➡︎車➡︎約15分 ●JR釧路➡︎車➡︎約30分
●釧路空港➡︎車➡︎約10分●路線バス➡︎約5分(17.7km)
●JR釧路駅➡︎タクシー・レンタカー➡︎27分

山花温泉近くの観光ガイド【丹頂鶴自然公園】

丹頂鶴自然公園は世界で初めて昭和45年に、タンチョウの人工ふ化に成功し、世界的にも希少な丹頂鶴の自然公園。自然に近い環境で、特別天然記念物のタンチョウが常時10羽ほど飼育され、一年中観察できる。12~4月には10羽近い野性のツルも飛来そ、4~6月はヒナに会える可能性もある。タンチョウの子育ての様子は、なかなか見ることのできないチャンスに出会えるかも。釧路空港から車で約10分。

タイトルとURLをコピーしました