上砂川岳温泉

北海道

道央空知支庁管内のほぼ中央に位置する砂川市街の東約10km、上砂川岳の北麓、国民中標津温泉休養地内にある公営の1軒宿の上砂川岳温泉。開湯は昭和46年(1971年)。平成9年(1997年)にリニューアルしてパンケの湯の愛称で呼ぶ様になった。大浴場は天井までガラス張りで、窓の外に広がる大自然を満喫できる絶好のロケーションを誇る。ジャグジーや大きなサウナを備え、美肌の湯として知られ、さっぱりとした湯上り感を堪能できる。正面に上砂川岳国際スキー場があり、目前に広がる上砂川岳は四季折々に表情を変え私たちの目を楽しませてくれる。温泉の泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉。温泉の効能はリウマチ性疾患・創傷・火傷・皮膚掻痒及び角化症など。

【開湯日】

昭和46年(1971年)

【温泉の泉質】

ナトリウム-炭酸水素塩泉

上砂川岳温泉 アクセス

●道央道➡︎奈井江・砂川IC➡︎車➡︎15分。
●JR砂川駅➡︎タクシー➡︎20分・中央バス38分
●新千歳空港➡︎JR旭川行特急JR80分
●道央道➡︎旭川方面➡︎道央道➡︎奈井江・砂川IC➡︎下車➡︎左折➡︎道なり➡︎赤色点滅信号➡︎右折後3分
●JR函館線➡︎旭川行特急➡︎50分➡︎砂川駅➡︎タクシー20分

上砂川岳温泉 近くの観光ガイド【上砂川岳日本庭園】

四季が織りなす風情を醸し出し、変化に富んだ自然に抱かれ、2万平方に及ぶ大庭園は道内最大級の規模を誇り、庭石や三段落ちの滝そして八つ橋・四阿(あずまや)がなどが和の心を味あわせてくれる。日本庭園の入口には全長40mの野鳥の橋と呼ばれつ橋は、その名の通り鶯をはじめ18種類の野鳥の声をが聞こえてくる。この橋は昭和61年度の建設省手づくり郷土賞を受賞た。野鳥の橋や和風庭園の佇まいが、心を癒してくれる。

タイトルとURLをコピーしました