奥美利河温泉

北海道

渡島半島のくびれた部分にある山の中の町が今金町。江戸時代から砂金が採られていたが明治43年(1910年)に、金鉱の探索中に見付かったのが奥美利河温泉。当初は美利河(ぴりか)温泉と呼ばれていたが、平成2年(1990年)に下流のピリカダム沿いに町営温泉ができ、そちらをピリカ温泉と称したため、現在は奥美利河温泉と呼ばれている。湯船の底は砂利になっており、透明な湯が満たされている。やや温めのさっぱりした湯だが窓が小さいので浴室はけっこう暗い。また男女別の内湯もログハウスで秘湯ムードを満喫でき、露天風呂は広々とした混浴。温泉の泉質は単純温泉。温泉の効能はリューマチ性疾患、運動器障害、神経痛、筋肉痛、疲労回復など。

タイトルとURLをコピーしました