ぽんぴら温泉

北海道

中川市街地の南、北海道北部を雄大に流れる天塩川沿いに位置する「ぽんぴら温泉」。昭和48年(1973年)に、中川町が地元住民の為に家庭用水を掘削したところ、偶然にも温泉が湧出した冷泉。平成5年(1993年)に、ポンピラアクアリズイングとしてリニューアルオープン。通常10時〜21時30分まで日帰り入浴(要問合せも可能。洒落た円筒形の建物の中に温泉大浴場が設けられ、道北では珍しく水着で入ることができる。アンモナイト型の流水プールもあり子供連れにも好評。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム−強塩泉。泉温は9度。温泉の効能は神経痛、冷え性、関節痛、筋肉痛、婦人病、消化器系疾患、心臓障害、貧血など。

【開湯日】

昭和48年(1973年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム−強塩泉

ぽんぴら温泉 アクセス

●JR天塩中川駅➡︎徒歩で15分
●札幌➡︎道央道を➡︎最終旭川鷹栖IC➡︎R40➡︎名寄・音威子府➡︎中川町の市街地手前。
●札幌駅➡︎函館本線・宗谷本線➡︎急行➡︎JR天塩中川(約4時間20分)

ぽんぴら温泉 近くの観光ガイド【パンケ山】

パンケ山は、中川盆地を眼下に天塩川や日本海とオホーツク海、利尻島、礼文島などが展望できる景勝地。頂上近くまで林道が整備され、一般車両の立入りは許可されないので、麓の林道ゲートから徒歩登山だが、北大の中川研究林の入林許可が必要。10kmほど歩くと登山口があり5分ほど登るとパンケ山で、一等三角点のある狭い山頂で360度の眺望が開ける。

タイトルとURLをコピーしました