夕張ユーパロの湯

北海道

平成8年(1996年)に開湯した夕張市初の公共温泉がユーパロの湯。かつて炭鉱で使われた高さ63mもの大煙突が、今は温泉の広告塔として使われている。アイヌ語でユーパロは「鉱泉のわき出る所」の意。夕張の市名の語源でもある。炭鉱住宅がモチーフというレンガ壁の建物は、背景の山並みによく映える。館内はバリアフリー仕様で、浴場は和風と洋風があり、日替わりで男女を入れ替える。熱めとぬるめの浴槽、気泡湯、打たせ湯、薬湯、サウナ、水風呂など、風呂めぐりの楽しみも。露天風呂では柔らかな湯とまろやかな緑の山々が、心を穏やかにさせてくれる。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物強塩泉。温泉の効能は消化器系疾患、慢性皮膚病、神経痛、関節痛、冷え症など。

【開湯日】

平成8年(1996年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩泉

夕張ユーパロの湯 アクセス

●鹿ノ谷➡︎バス➡︎約10分➡︎黄色いハンカチロケ地前➡︎下車➡︎徒歩5分)。
●道東自動車道夕張IC➡︎車➡︎約20分 。
●札幌➡︎一般道➡︎約1時間30分。
●JR石勝線(旧夕張線)➡︎鹿ノ谷駅➡︎徒歩で約37分。

夕張ユーパロの湯 近くの観光ガイド【石炭の大露頭】

北海道庁の技師だった坂市太郎が、明治21年に発見した露頭の一つで
新生代古第三紀(約5,000万年前)の地層。下位から十尺層・八尺層・六尺層と重なり計二十四尺(約7.3m)もの厚さを持ち、石灰層が露出している、この炭層の発見を機に夕張での炭鉱開発が行われ、炭都・夕張の出発点と云える。昭和49年には北海道指定天然記念物に指定された。

タイトルとURLをコピーしました