苫前温泉

北海道

道北の日本海側に面し、小樽と稚内の中間に位置する中規模な漁港・苫前町。そこにある公営の温泉宿泊施設が苫前温泉。歴史は新しく平成14年(2002年)に開湯。源泉温度48.5度、自噴・無加水の天然温泉で、塩分を多く含んだ泉質は、身体の芯から温まり、神経痛や冷え性等にも効能豊かと評判。天気の良い日には屋外露天風呂からは日本海に浮かぶ夫婦島(天売島・焼尻島)や利尻島を望める。夕陽の美しい景色を眺めながらの入浴はまさに絶景。また巨大な風力発電の風車が立ち並んでいるの夙に知られている。温泉の泉質はナトリウム塩化物強塩泉(天然温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、切り傷、やけど、慢性、消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など。

タイトルとURLをコピーしました