旭温泉

北海道

留萌と稚内のちょうど中間地点に位置する遠別町。そこから6km程山間に入ったところにある旭温泉。昭和54年(1979年)に、天然ガス掘削の際湧き出した天塩山系の山麓の静かな温泉で、赤黄色の湯と焦げ茶色の湯の2つがあり、それぞれの特徴的なお湯が2つの浴槽に満たされている。赤茶色に濁った湯はほのかな塩分と苦みあり、少し温めの湯が浴用加熱で利用されているようだ。浴後は体が暫くポカポカしている。平成17年(2005年)に運営主体が遠別町観光公社から東洋実業に移管。温泉の泉質はナトリウム-塩化物泉(中性高張性低温泉)。泉温は25〜34度。温泉の効能はリウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹、角化症ななど。

【開湯日】

昭和54年(1979年)

【温泉の泉質】

ナトリウム-塩化物泉(中性高張性低温泉)

旭温泉 アクセス

旭温泉 近くの観光ガイド【金浦原生花園】

約450m×130mの広さを誇る金浦原生花園。遠別から国道232号線を4kmほど南に下った海沿いの平原に位置し、数万本のエゾカンゾウが群生し、6月ともなれば、黄色い花を一斉に咲き、まるで絨毯を敷き詰めたようだ。横の日本海の彼方には利尻山も見え、その景観は絶景だ。原生花園内は木道で一周でき、一周250のファミリーコースと一周420mののんびりコースがを用意、いずれも距離は短いので両方のコースを歩くのをお薦め。

タイトルとURLをコピーしました