神居岩温泉

北海道

留萌市街地から東方約3km、国道232号線から1kmほど山あいに入った所に位置する神居岩温泉。萌川北岸の丘陵地の山間に佇む一軒宿。歴史は古く、明治13年(1880年)に開湯していた温泉宿。昔から留萌で唯一の温泉で知られ、地域住民の保養とやすらぎの場所として定着し、温泉公衆浴場としても広く利用されている。敷地内の地下1200mから湧出する食塩泉や、大浴(気泡風呂)に敷地内に自然湧出するする硫黄冷鉱泉をそれぞれ加熱利用している。語源はアイヌ語の神の水などとされる神居岩地区にある温泉。温泉の泉質はナトリウム塩化物泉・単純硫黄冷鉱泉。温泉の泉温は効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、痔疾、リウマチ性疾患、糖尿病、慢性婦人病、慢性消化器病、冷え性、高血圧症、肝臓病など。

【開湯日】

昭和63年(1988年)

【温泉の泉質】

ナトリウム塩化物泉・単純硫黄冷鉱泉

神居岩温泉 アクセス

●留萌駅➡︎バス➡︎15分
●深川留萌車➡︎道留萌幌糠IC➡︎約20分
●JR札幌駅➡︎特急➡︎JR深川駅➡︎留萌本線➡︎乗換え➡︎JR留萌駅下車。
●札幌➡︎道央道➡︎深川留萌動➡︎深川西IC➡︎下車
●R233➡︎北竜町経由➡︎留萌➡︎市街手前➡︎神居岩スキー場➡︎目指

神居岩温泉 近くの観光ガイド【千望台】

千望台は標高180mの小高い丘にある展望台。留萌港を中心に広がる市街地を一望できる景勝地。北側に目をやると水平線には国定公園の天売島や焼尻島の島影、快晴で条件が整えば利尻富士のシルエットが浮ぶ。また南には暑寒別国定公園の秀峰が望める。公園の雰囲気も優れており、夜景スポットとしても人気で、どなたにもお薦めできる。

タイトルとURLをコピーしました