大雪高原温泉

北海道

北海道中央部、大雪ダムから車で約40分の場所にある大雪高原温泉。昭和天皇が立ち寄られたこともあり、高原温泉が開かれたのは昭和29年(1954年)。洞爺丸台風(台風15号)で倒木を処理する為にやって来た作業員が、大雪高原荘の裏手の山肌から75度の高温泉が自然湧出しているのを発見。これが大雪高原温泉の始めと云われている。標高1650mの高地にあり冬は雪に閉ざされる。営業期間は6月から10月上旬くらいまで。また、この付近は日本一早い紅葉が見られる所で、その時期の沼めぐりは沼面に深紅の山肌が映り、自然の調和のとれた一大パノラマは他に類を見ない美しさとなる。温泉の泉質は酸性−ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉。温泉の効能はリウマチ性疾患・動脈硬化症・慢性皮膚病・糖尿病・神経性運動障害・凍傷・切り傷・末梢循環障害など。

【開湯日】

昭和29年(1954年)

【温泉の泉質】

酸性−ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉

大雪高原温泉 アクセス

●JR上川駅➡︎バス層雲峡行➡︎40分➡︎終点➡︎タクシー40分
●JR旭川駅➡︎車➡︎101km➡︎2時間8分
●新千歳空港➡︎車➡︎226km➡︎約3時間47分
●とかち帯広空港➡︎車➡︎145km➡︎3時間3分

大雪高原温泉 近くの観光ガイド【銀河の滝・流星の滝】

層雲峡の中心部の景観をなす流星の滝。石狩川沿いに延々24kmにわたって続く断崖絶壁で、背後にそびえる絶壁を割るようにして力強く流れ落ちる。細く繊細な白糸のように優美な姿で流れ落ちる銀河の滝、太い1本の滝となって力強く流れ落ちる流星の滝。対をなす銀河の滝に対して男滝と呼ばれる流星の滝。二つあわせて夫婦滝とも呼ばれ、日本の滝百選にも選ばれている。

タイトルとURLをコピーしました