トムラウシ温泉

北海道

北海道のほぼ中央、十勝支庁新得町のトムラウシ山を目指す山道を1時間ほど進み、さらに奥に進み温泉原生林に覆われた、十勝川の源流の一つであるユウトムラウシ川左岸に位置するトムラウシ温泉。大雪山系への南側から源泉が湧出し、川面から湯煙が上がている。開湯は昭和39年(1964年)で、源泉の傍にシンボルの噴泉塔があり、周囲は整備された公園になっている。湯は無色透明で、無臭でさらりとした肌ざわりが特徴。湯量も豊富で、かけ流しが好評だ。温泉の泉質は含硫黄・ナトリウム・塩化物、炭酸水素塩泉。泉温93度。温泉の効能:神経痛、リウマチ、胃腸病、糖尿病、筋肉痛、関節痛・五十肩・運動麻痺・疲労回復など。

【開湯日】

昭和39年(1964年)

【温泉の泉質】

含硫黄・ナトリウム・塩化物、炭酸水素塩泉

トムラウシ温泉 アクセス

●JR新得駅➡︎車➡︎60分 ●JR新得駅➡︎タクシー➡︎1時間
(7月中旬~8月中旬は、拓殖バストムラウシ温泉行➡︎1時間30分)
●十勝清水IC➡︎R274➡︎R38➡︎R274➡︎ 道道718➡︎経由66km(84分)
●札幌➡︎R274➡︎日高町・日勝峠➡︎清水町➡︎4km➡︎トムラウシ温泉
●JR札幌駅➡︎千歳線・石勝線・根室本線➡︎特急➡︎JR新得駅(2時間10分)

トムラウシ温泉 近くの観光ガイド【トムラウシ自然休養林野営場】

大雪山を望み、豊かな自然を誇るトムラウシ自然休養林野営場。緑深い山あいのキャンプ場で近くの川では釣りが楽しめ、近くにはトムラウシ温泉もある。設備はトイレと屋根付き炊事場のみとシンプルなので、本格アウトドアを楽しみたい人にお薦め。大雪山系の登山基地としても利用可能。野趣あふれる場内では、キツネの姿もみられる。また大雪山系の登山基地としても利用可能。野趣あふれる場内では、キツネの姿もみられる。

タイトルとURLをコピーしました