知床ウトロ温泉

北海道

昭和46年(1971年)にボーリングで掘り当てた知床ウトロ温泉。最初に掘り当てた源泉は海を見おろす高台にあり、それ以降の源泉は海岸沿いに面しており、4系統10か所以上の源泉が湧出した。知床はアイヌ語でシリエトクと呼ばれ、地の果てを意味し、ウトロは奇岩の多い場所と云う意味が原始的な野生が今も残る秘境。また知床半島は平成17年4月、世界遺産に認定された。半島の西側に位置し、羅臼岳を真東に望む海岸沿いの知床温泉と知床横断道路のオホーツク海側に湧出するウトロ温泉。温泉の泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、慢性消化器疾患、冷え性、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性皮膚病、疲労回復、病後回復期、やけど、切傷など。合計毎分約1100リットル。

【開湯日】

昭和46年(1971年)

【温泉の泉質】

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

知床ウトロ温泉 アクセス

●JR知床斜里駅➡︎バス➡︎40分
●札幌➡︎約410km、旭川➡︎約280km、帯広➡︎約247km2。
●千歳東IC➡︎道央道・道東道➡︎足寄IC➡︎一般道知床ウトロへ。
●JR網走駅➡︎バス「知床エアポートライナー」➡︎知床ウトロ。
●女満別空港➡︎バス「知床エアポートライナー」➡︎知床ウトロ。

知床ウトロ温泉 近くの観光ガイド【三段の滝】

ウトロからR334線を斜里方向に4kmほど走ると、駐車場の脇に三段の滝がある。この滝は遠音別岳中腹にあるオショコマナイ川が海に流れ落ちる過程にある滝。アイヌ語で 川尻が岩盤の上にある川 を意味しり、長い年月が垂直になっていた岩を現在の流れに形づくった。名の通り切り立った岩の上からオショコマナイ川が3つの滝で落ちてくる様を間近に見る事ができる。一見2段のようにも見えるが上の方にもう一段ある。

タイトルとURLをコピーしました