鹿部温泉

北海道

寛文6年(1666年)、津軽から移住した昆布出稼ぎ人の伊藤源五郎が、傷を湯で癒す鹿を発見した鹿部温泉。因に鹿部の地名はアイヌ語のシケルペ(キハダの生える所)から転じた伝えらている。函館の北、内浦湾に面して広がる温泉と漁業の町で知られ、漁師町の風情が漂う町に温泉宿が点在する。また道内唯一の間歇泉を誇り、大正13年(1924年)に、温泉を採掘中に偶然見つかった日本でも珍しいもので、自然の力だけで約100度の熱湯を、最大約15m以上の高さまで断続的に噴き上げる自然のパワーは圧巻だ。源泉も30以上と全国屈指の数を誇り湯量も豊富。泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉、塩化物泉など。温泉の効能は神経痛、リウマチ、筋肉痛、慢性消化器疾患など。

【開湯日】

寛文6年(1666年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉、塩化物泉など

【温泉の温度】

30度以上

鹿部温泉 アクセス

●JR鹿部駅➡バス➡鹿部温泉➡19分
●大沼公園IC➡森IC➡車で30分 ●長万部ICI➡車➡約80分
●函館空港➡道道83号➡国道278号経由➡鹿部温泉➡45km

鹿部温泉 近くの観光ガイド【しかべ間歇泉公園】

しかべ間歇泉は、温度は約103度の温泉が、約12分間隔に1回500リットルもの温泉が、高さ15mほど噴き上がる。園内には散策路が整備され、スロープが備えられ子どもやお年寄りなどでも見学しやすい。また噴き上がった温泉を利用した足湯(タオルの無料貸出)も整備されている。天気の良い日には羊蹄山や駒ヶ岳などの雄大な自然を眺められる。集いの館という休憩所もある。

タイトルとURLをコピーしました