阿寒湖温泉

北海道

特別天然記念物マリモの生息地として知られる阿寒湖。この世界有数のカルデラ湖の南側に湧きでたのが 阿寒湖温泉。その歴史は古く、北海道の命名者の松浦武四郎が、安政5年(1858)にこの地を訪れたときには、 すでにアイヌの人々が温泉を利用していたという。飛躍的な発展したのは、昭和9年(1934年)阿寒国立公園に指定されてから。 自然が素晴らしく阿寒湖畔展望台(温泉街から車5分)から望む阿寒湖岳と阿寒湖一帯の景色は大自然そのもの。 温泉は活発な火山地帯から生み出された。今日では道東きっての温泉街で宿泊施設と関連施設が約150軒も建ち並ぶ。 先住民族アイヌの伝統芸能や工芸品などに触れる。温泉の泉質は弱アルカリ性・アルカリ性。温泉の効能は神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・慢性関節炎・慢性消化器病・痔痛・冷え性etc

【開湯日】

安政5年(1858)

【温泉の泉質】

弱アルカリ性・アルカリ性

【温泉の温度】

50度〜80度

阿寒湖温泉 アクセス

●JR札幌駅➡︎特急➡︎JR帯広駅➡︎乗換➡︎まりも急行(予約制)➡︎バス➡︎阿寒湖(約2時間40分)
●JR札幌駅➡︎特急➡︎釧路駅➡︎バス➡︎阿寒湖(約1時間50分)
●札幌南IC➡︎車➡︎道央道・道東道➡︎経由➡︎足寄IC➡︎R241➡︎阿寒湖(4時間30分)
●新千歳空港&釧路空港➡︎阿寒エアポートライナー➡︎は路線バス➡︎阿寒湖(約65分)

阿寒湖温泉 近くの観光ガイド【阿寒湖】

阿寒湖は雌阿寒岳の噴火によって生まれ、湖上には大小の島々が浮かび、特別天然記念物のマリモ伝説で知られている。周囲は26kmで、アイヌという北海道の文化が根強く残され、阿寒湖西岸には北海道でも最大規模のアイヌコタン(集落)があり、その敷地内には民芸品店が軒を連ね、アイヌ文様のグッズや、動物や鳥などをモチーフにした小物やアクセサリーなどを販売している。湖畔には火山地帯ならではの豊富な温泉も湧き、ヒメマスなどが生息することでも有名。

タイトルとURLをコピーしました