焼山温泉

青森県

十和田湖八幡平国立公園を流れる奥入瀬渓流と八甲田山の中間に位置し、十和田湖温泉郷の一つに数えられる焼山温泉。十和田湖まで車で約20分と立地条件にあり、開湯は昭和38年(1963年)。湯は無色透明で肌を優しく、湯治もできるなど少し長く滞在できる温泉であり立ち寄るのもいい。また国道102号と国道103号が交わる交差点付近に温泉街が広がり、宿泊施設はホテル旅館民宿含めて約15軒存在する。夏はゴルフ、冬はスキーとオールシーズン通して楽しめるリゾートで、温泉の効能も豊富なことで知られている。温泉の泉質は単純温泉。温泉の効能は一般的適応症、慢性胆のう炎など。

【開湯日】

昭和38年(1963年)

【温泉の泉質】

単純温泉

【温泉の温度】

35度

十和田湖温泉郷 アクセス

●JR青森駅➡︎JRバス➡︎十和田湖行き➡︎十和田湖温泉郷前下車
●東北道十和田IC➡︎R103・R454・R102➡︎経由➡︎十和田湖温泉郷
●JR東北新幹線八戸駅➡︎JRバス➡︎十和田湖行き➡︎十和田湖温泉郷

十和田湖温泉郷 近くの観光ガイド【十和田市現代美術館】

十和田市現代美術館は、日本で著名な草間彌生や奈良美智の作品をはじめ、世界的に有名なアート作品や写真を紹介している。十和田市現代美術館は平成20年に開館し、38点の恒久設置作品を展示。常設展では、ロン・ミュエクら世界で活躍する33組のアーティストによるコミッションワークによって構成され、中庭や屋上、階段室や敷地内のあらゆる空間で多様なアート作品を展開している。

タイトルとURLをコピーしました