六戸温泉

青森県

六戸町中心部にほど近く、六戸町役場から南へ約600m住行った宅地中にある、宿併設の入浴施設が六戸温泉。旅館業と公衆浴場を兼ねており、専ら地域住民の公衆浴場としての役割が主である。第1号泉の低温風呂には昭和48年(1973年)に開発された無色透明無味。第2号泉の大きい浴槽は昭和53年(1978年)に開発された。大浴場:浴室中央に5人~6人入れる熱湯と10人ほど入れるジャグジー併設の温湯で構成されている。湯は僅かに塩分を感じるが若干緑色し、少し熱め~少し温めの湯が熱湯は掛け流し、温湯は半循で利用されている。またタイル張りの明るい浴室だが、一見普通の銭湯だが、入り口にかけ湯のための湯溜まりがある。底から湯が噴き出してざーざー溢れている。温泉の泉質はナトリウム−塩化物泉。泉温は33.8度。温泉の効能はリウマチ、神経痛、婦人病、運動器障害、創傷など。

【開湯日】

昭和48年(1973年)

【温泉の泉質】

ナトリウム−塩化物泉

【温泉の温度】

33.8度

六戸温泉 アクセス

●青い森鉄道三沢駅➡車➡約15分
●青い森鉄道向山駅➡徒歩約57分(4,515mm)
●十和田観光電鉄➡十和田市駅➡タクシー➡約20分
●八戸自動車道➡下田百石IC➡国道45号線経由➡六戸町方面➡12km

六戸温泉 近くの観光ガイド【熊記念館】

六戸町のシンボル的公園が舘野公園。明治38年にヤマザクラが植樹され、
約1,000本のヤマザクラが咲き誇る山桜の自然公園として親しまれている。マザクラやソメイヨシノが見頃を迎える頃、六戸春まつりが毎年催される。園内には、グラウンドゴルフをはじめ、ウォーキング、さつき沼でのヘラブナ釣りが楽しめ、無料のキャンプ場も併設する。冬には飛来する白鳥の姿を観察でき、四季を問わず、地元民や観光客で賑わう。

タイトルとURLをコピーしました