奥入瀬渓流温泉

青森県

昭和38年(1963年)に10km先の猿倉温泉から引湯して開湯、比較的新しい歴史の奥入瀬渓流温泉。十和田湖から流れこむ奥入瀬川が、北の八甲田山麓に源を発する蔦川と出会う地点に広がる温泉。また奥入瀬川を挟んで隣接する焼山温泉とともに、十和田湖温泉郷を形成している。源泉温は50〜68度くらいのやや温めで、ゆったりと温泉を楽しみながらの長湯に最適。湯上り後のほっかほっか感が長時間持続し、体の芯まで温まると評判。温泉は無色透明で、湯煙りと共に漂う硫黄の香りと湯の花に温泉情緒を実感させる。奥入瀬渓流の大自然を間近に湯浴みを堪能でき、数少ない至福の温泉と云えるだろう。温泉の泉質は単純温泉(低張性中性高温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、リウマチ、アトピー、胃腸病など。

【開湯日】

昭和38年(1963年)

【温泉の泉質】

単純温泉(低張性中性高温泉

【温泉の温度】

50〜68度

奥入瀬渓流温泉 アクセス

●JR八戸駅➡︎JR七戸十和田駅➡︎バス➡︎奥入瀬渓流温泉➡︎約80分
●JR新青森駅➡︎JR新青森駅➡︎バス➡︎奥入瀬渓流温泉➡︎約120分
●東北道➡︎下田百石IC➡︎第二みちのく有料道路➡︎奥入瀬渓流温泉

奥入瀬渓流温泉 近くの観光ガイド【乙女の像】

国立公園指定15周年記念事業の一環として、智恵子抄で知られる詩人で彫刻家である高村光太郎作の一対のブロンズ裸婦像を青森県が、昭和28年に設置した。国立公園指定に功績のあった、十和田湖を広く世に紹介した文人大町桂月や当時の青森県知事武田千代三郎、地元村長の小笠原耕一の3氏を称え、互いに左手を合わせる形で向き合っている。乙女の像の傍らには、この像への想いを詠った「十和田湖畔の裸像に与う」という詩を刻んだ石碑もある。

タイトルとURLをコピーしました