薬研温泉

青森県

開湯は元和元年(1615年)と歴史は古い。大阪夏の陣で豊臣方に味方した城大内蔵太郎が、大阪城落城の三日前に武運つたなく徳川方に敗れ、追手を逃れて落ち延びて所が、大畑川河口付近(孫次郎間=旧大石)だった。さらに残党狩りの目を逃れて陸路大畑川を遡り、発見した温泉のが薬研温泉と伝えられている。温泉地内には薬師堂が祭られて、豊臣秀頼公持仏の薬師如来像が温泉の守護神として鎮座している。この温泉が薬研と呼ばれるようになったのは、江戸時代初期のことで温泉の湧き出る場所が、昔の医者が漢方薬種を細粉する器具の薬研台に類似していたからと云われている。湯は無色透明無臭で癖が全くなく、発汗作用が強くて体が芯から温まる。温泉宿によっては、体に負担をかけるので長湯は禁物とされるほど、短時間入浴でも十分に温浴効果を得られる。温泉の泉質は単純泉。源泉の温度は47〜72℃で無色透明。温泉の効能は疲労回復、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、くじき、病後回復期、慢性消化器疾患、痔疾、冷え性など。

タイトルとURLをコピーしました