黒石温泉郷

青森県

津軽系こけし発祥の地で知られ、そして黒石市の奥座敷として親しまれている黒石温泉郷。その開湯は400年以上も遡り古い歴史を誇っている。また十和田湖や八甲田山への玄関口に点在し、黒石温泉郷と呼ばれる温泉街が広範囲に広がる。浅瀬石川沿いには長寿温泉、温湯温泉、落合温泉、板留温泉の4つの温泉、山間部の離れた所には青荷温泉があ。さらに奥まった平川市の温川温泉までを黒石温泉郷である。なかでも最も長い歴史を持つ温湯温泉は、昔ながらの温泉場を今に伝えている。温泉の数や湯量が豊富で、様々な温泉が楽しめるのも特徴。いずれにしても源泉かけ流しで、温湯温泉は泉温62度の単純泉、落合温泉は泉温56度の単純泉弱アルカリ性。板留温泉は泉温50〜60度の弱食塩石膏泉でしかも単純泉なら無色透明で無味無臭。温泉の泉質はアルカリ性単純泉、弱食塩石膏泉。温泉の効能はリウマチ性疾患、運動器障害、神経麻痺、疲労回復、切り傷、あせも、膝かぶれ、皮膚病など。

【開湯日】

400年以上(詳細は不明)

【温泉の泉質】

アルカリ性単純泉、弱食塩石膏泉

【温泉の温度】

56度

黒石温泉郷 アクセス

●青森空港➡︎シャトルバス➡︎➡︎R弘前駅➡︎弘南黒石線➡︎黒石駅
●青森空港➡︎黒石駅➡︎タクシー➡︎約30分
●函館駅→青森駅→奥羽本線→弘前駅→弘南黒石線→黒石駅
●JR函館駅➡︎JR青森駅➡︎JR弘前駅➡︎弘南黒石線➡︎黒石駅➡︎バス➡︎約20~60分

黒石温泉郷 近くの観光ガイド【中町こみせ通り】

昭和62年に、日本の道百選のにも選ばれた伝統的建造物が残る中町通りの「こみせ」。城下町時代、秋田から蝦夷・松前へ抜ける街道の中間にあ位置し、物資の交流などで商業が大いに栄えた。豪壮な構えの商家・造り酒屋の妻入りや平入りの屋根のラインが、雪国独特の木のアーケード“こみせ”の上に姿を見せている。平成17年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。同市ゆかりの作家・上原3兄弟の楽譜、楽器などを集めた私設資料館が古くから残る土蔵にオープン。

タイトルとURLをコピーしました