稲垣温泉

青森県

津軽平野の純水田地帯、岩木川沿いに湧出する稲垣温泉。江戸時代には広大な芦原を開拓した農民たちが、地下水を沸かして風呂をたてた。以来この沸かし湯は稲の湯と呼ばれ銭湯として繁盛したが、水量が減ってきたためボーリングを実施したところ、昭和41年(1966年)に源泉開発に成功した。その後、新たな水源を求めて掘削し、地下約800mから本物の温泉が湧き出したという。湯量は毎分約1トン。泉温は約50度で無色透明。奥津軽の名湯として知られる。温泉の泉質はナトリウム塩化物泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、婦人病、うちみ、くじき、痔疾など。五所川原駅前から車で約15分。太宰治の生家・斜陽館や十三湖、竜飛岬などの観光スポットにも近く、観光の拠点としても便利。

【開湯日】

明治30年(1897年)

【温泉の泉質】

ナトリウム塩化物泉

【温泉の温度】

50度

稲垣温泉 アクセス

●東北道➡浪岡IC経由➡津軽道五所川原北ICI➡車➡約15分
●JR川部駅(五能線)➡五所川原駅➡45分➡徒歩➡五所川原駅(約125分)
●JR五能線五所川原駅バス➡豊川方面行➡稲垣温泉前下車➡すぐ

稲垣温泉近くの観光ガイド【稲穂いこいの里館】

稲穂いこいの里は、約100年前当時の旧尾野家住宅姿をとどめた、江戸時代から稲作に用いられてきた農具を展示している収蔵館。また交流・研修・宿泊ができる研修館があり、都会では味わえない素朴で温かみのある施設。素朴で温かみのある「ふるさと体験村」。稲作の歴史も分かりやすい。研修館では宿泊(自炊可)もOKだ。わら細工作りを見学したり、軽食だが食事もできる物産館もある.。

タイトルとURLをコピーしました