南田温泉

青森県

津軽平野のほぼ中央に位置し、平川市の郊外に建つホテルアップルランドに湧く南田温泉。温泉の開発は昭和46年(971年)に、りんご移出商を営んでいた社長が従業員の福利厚生の為に温泉を掘削したのが始まりだった。現在では津軽地方の中心都市である弘前の奥座敷として知られる温泉。年間約500万人もの観光客を集客する弘前周辺に点在する温泉群の一つである。また東北随一の美容効果を誇る弱アルカリ性温泉は、女性客には非常に人気を博している。ほのかな硫黄の香りを漂わせる白濁とした温泉は源泉かけ流しで、湯船に幾とせの湯の花がこびり付き、古の名湯を彷彿させる。ツルツルと滑らかな肌触りは保湿効果も抜群で、湯上がり後はスベスベ感を堪能できる。温泉の泉質は食塩泉。温泉の効能は神経痛、リウマチ、筋肉痛、関節痛、皮膚病、痔疾、美肌、疲労回復など。源泉温度は52度。

【開湯日】

昭和46年(971年)

【温泉の泉質】

硫黄泉、硫化水素泉、単純泉など

【温泉の温度】

52度

南田温泉 アクセス

●JR弘前駅➡弘南鉄道平賀駅➡15分 ●平賀駅➡徒歩約15分
●大鰐弘前ICI➡黒石ICI➡車
●青森空港➡車➡50分 ●新青森駅➡車➡45分

南田温泉 近くの観光ガイド【ねぷた展示館】

ねぷた展示館は、世界一の大きさを誇る扇ねぷた、高さ12m、横9.2m、奥行き8m、重さ6tを常時展示している。通常のねぷたの約2倍の大きさがあり、水墨画調で描かれた鏡絵と見送り絵も他では、なかなするし。 毎年8月2日・3日の平川ねぷたまつりにも出陣し、トリを飾っている。現在のねぷたは平成29年にリニューアルされたものです。

タイトルとURLをコピーしました