杉の子温泉

青森県

旧天間林村と上北町の境の林の中に位置し、国道394号線から脇道に入ったあたりにある公共の温泉が杉の子温泉。開業は平成9年(1997年)で、旧天間林村の南端にあたり、中岫地区の農道沿いにある福祉会社が運営している。浴室は10人程入れる主浴槽や寝湯、電気風呂、サウナ、水風呂、露天風呂が完備し、緑がかった湯は加水なしの源泉100%だが少し塩分を感じる。浴後にはツルツルを感じ、肌触りの刺激が少ないので、肌にはとても優しく女性には人気。温泉の泉質はナトリウム−塩化物泉。泉温54度。温泉の効能は創傷、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛・筋肉痛、五十肩、切り、慢性皮膚病ほか。

【開湯日】

平成9年(1997年)

【温泉の泉質】

ナトリウム−塩化物泉

【温泉の温度】

54度

杉の子温泉 アクセス

●JR七戸十和田駅➡︎車➡︎約10分
●JR北陸本線➡︎小松駅➡︎りタクシー➡︎約30分
●JR東北本線➡︎上北町駅➡︎約7km

杉の子温泉 近くの観光スポット【花巻温泉 バラ園】

約5,000坪の広大な敷地には、9,000株を超えるバラが咲き誇る、花巻温泉バラ園は昭和35年(1960年に)開園。温室も完備しているので、季節関係なくバラを楽しむことができる。またバラの中には花巻温泉で品種改良され登録されたホット花巻をはじめ、花巻温泉創業88周年を記念して誕生したハッピーローズ88など全7種類のオリジナル品種のほか様々な品種を見ることができる。

タイトルとURLをコピーしました