青荷温泉

青森県

青森県黒石市から十和田湖に向かう途中の、南八甲田の山懐にひっそりと佇み、標高約636mに位置する青荷温泉。黒石温泉郷5湯の一つに数えられ、一軒宿のランプの宿としても全国に知られており、多くの温泉愛好家たちに親しまれている。開湯は昭和4年(1929年)に歌人の丹羽洋岳が浴場や客室を建てたのが始まりだが、それまでは人跡未踏の地であった。山懐深くから湧き出る湯は無色無臭の湯は、クセがなくサッパリとした爽やかな感が堪能できる,「よぐきたねし(よく来ましたね)」の看板が迎えてくれる素朴な温泉場。温泉の泉質は単純温泉(単純温泉)。温泉の効能は皮膚病、神経痛、リウマチ、動脈硬化、胃腸病など。

【開湯日】

昭和4年(1929年))

【温泉の泉質】

単純温泉(単純温泉)

【温泉の温度】

48.2度

青荷温泉 アクセス

●弘南鉄道➡JR黒石駅➡バス➡虹の湖公園行き➡終点下車➡タクシー➡約15分
●大鰐弘前IC➡車➡約40分 ●黒石IC➡車➡約20分。
●(冬期)乗り入れは道の駅「虹の湖」駐車場。以降は青荷シャトルバス約30分。
●JR新青森駅➡JR弘前駅➡弘南電車➡黒石駅➡バス➡虹の駅➡シャトルバス➡青荷温泉

青荷温泉 近くの観光ガイド【熊津軽こけし館】

津軽こけし館は、約4,000本の伝統こけしの展示、津軽系こけし工人によるこけし製作実演、高さ日本一のジャンボこけしと巨大木地ダルマの展示。また「こけしの絵付け体験」、有名人が自由に絵 付をした、「こけしアートコレクションコーナー」、伝統こけしをはじめ「こけしグッズ」や「こけし雑貨の販売」など「こけし」の魅力が詰まった展示をしている。

タイトルとURLをコピーしました