沢内高原温泉

岩手県

地ビールの傑作と讃えられ、全国に名を轟かせた銀河高原ビールで知られる、沢内銀河高原に湧く温泉。奥羽山脈の東麓、1,000m級の山々に抱かれた和賀川の源流域に位置し、平成8年(1996年)4月に、岩手県と秋田県の境に位置する旧沢内村(現在の西和賀町の一部)にオープンした天然温泉。湯量豊富に湧出し、無色透明で肌ざわりも滑らか。カルシウムイオンをたっぷり含んだpH9.8の高アルカリ成分がもたらす美肌効果によって、肌が滑らかになると評判。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器症、痔疾、冷え性など。泉温は41.6度。

【開湯日】

平成8年(1996年)4月

【温泉の泉質】

アルカリ性単純温泉

【温泉の温度】

47.2度

沢内高原温泉 アクセス

●JR盛岡駅➡︎岩手県交通バス➡︎湯本温泉行き➡︎上大志田下車➡︎約1時間20分
●秋田道湯田IC➡︎R107➡︎県道1号➡︎経由➡︎約30分
●北上JCT➡︎秋田方面➡︎湯田IC➡︎約40分
●東北道➡︎盛岡IC➡︎約50分。

沢内高原温泉 近くの観光ガイド【穴ゆっこ】

JRゆだ錦秋湖駅の正面に、かつてこの地区には多くの鉱山が点在していた。その坑道をイメージした洞窟風呂が「穴ゆっこ」。今では湯田温泉峡の名物湯となっており、洞窟風呂や男女別の露天風呂からの錦秋湖の眺めは最高、スティームバス効果も期待でき、観光客や地元の人、また山菜採りの帰りなど幅広い客層の憩いの湯となっている。落ち着いた雰囲気でゆっくり、まったりと過ごすには最適な温泉施設。

タイトルとURLをコピーしました