網張温泉

岩手県

飛鳥時代の和銅年間(708〜715年)に発見され古い歴史を誇り、岩手屈指の古湯が網張温泉。盛岡市の北西約40km、八幡平国立公園・岩手山の中腹に位置する。江戸時代には山岳信仰の対象とされれ、勝手に入浴できないように温泉に網が張られていた。そこから由来し網張温泉と名付けられた。1877年には、岩手山麓で湯けむりを上げる源泉を、2〜3kmほど下方の2軒の温泉施設に引き湯した。網張温泉は温泉らしい硫黄臭と半透明の白濁した湯が特徴。また古くから霊泉と称えられ、皮膚病や婦人病をはじめ万病に効能が高いと云われている。贅沢な天然温泉かけ流しの湯。温泉の泉質は単純酸性・硫黄温泉。温泉の効能は慢性皮膚病・慢性婦人病・きりきず・糖尿病など。源泉温度は73℃。

タイトルとURLをコピーしました