金ヶ崎温泉

秋田県

男鹿半島の西海岸の中央に湧く一軒宿が金ヶ崎温泉。北海道のニシン漁で財をなした戸賀集落の網元が、大正年間に6畳ほどの部屋が4つある長屋風の宿を建て、老夫婦が管理人として住んでいた。昭和25年(1950年)頃に管理人夫婦が引き払ったが、その後もしばらくは放置された宿舎を利用する湯治客がいたというが、嵐などで宿舎が痛み、湯船が崩れるなどして、次第に行く人もいなくなったという。昭和54年(1979年)に秋田県企業局が、この金ヶ崎温泉を引湯して2km離れた場所に桜島荘を開業。しかし経営難から民間へ売却され、平成16年(2004年)にホテルとしてリニューアルオープンさせた。男鹿半島西側、入道崎から門前にかけての海岸のほぼ中央にあり、ガラス張りの大浴場からの夕日の眺めは見事。温泉の泉質は塩化物泉(ナトリウム-塩化物泉)。泉温は55度。温泉の効能はリウマチ、神経痛、運動機能障害、創傷、火傷、皮膚病など。

【開湯日】

大正年間(詳細は不明)

【温泉の泉質】

塩化物泉(ナトリウム-塩化物泉)

【温泉の温度】

58度

金ヶ崎温泉 アクセス

●JR男鹿駅➡︎バス➡︎門前行き➡︎終点下車➡︎タクシー➡︎10分
●秋田道➡︎昭和男鹿半島IC➡︎車➡︎約1時間

金ヶ崎温泉 近くの観光スポット【三の目潟】

三の目潟は、男鹿水族館GADの東側丘陵地に位置し、東北東の方向にほぼ直線上に並ぶ3つの淡水湖。火山活動の時、水蒸気やガス爆発によってできた火山湖で、美しい円形をなしている。東から一ノ目潟(北浦西水口)、二ノ目潟(戸賀塩浜谷)、三ノ目潟(戸賀塩浜)と呼ばれている。水の栄養分が少なく、透明度が高く神秘的な雰囲気を醸しているが、湖畔には蜻蛉などの昆虫や鳥類以外の生物は少ない。

タイトルとURLをコピーしました