昆布川温泉

北海道

ニセコ連峰の南側、JR函館本線昆布駅のすぐ北に位置し、尻別川河畔に湧いている昆布川温泉。開湯は昭和32年(1957年)で、町営の宿泊施設。ツルツル度が高いのが特長だが、平成10年(1998年)のリニューアル以降、湯量の関係でツルツル度が減少したため平成15年(2003年)に新たに井戸を掘る。この新泉源によりツルツル温泉が復活、湯質もレベルアップした。昆布川温泉と名前が似た昆布温泉がニセコアンヌプリの近くにあるが、性質が違う別の温泉。温泉の泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。温泉の効能は高血圧、神経痛、リウマチ、婦人病、高血圧症・脳卒中、外傷・骨折・火傷など。

タイトルとURLをコピーしました