鶴の湯温泉

北海道

新千歳空港からも近く、室蘭本線沿いに湧出する鶴の湯温泉。その歴史は古く明治初期に、病んだ鶴が水浴びをして傷を癒して、病を治しているのを牧夫が発見した。名はそれに由来しているが、温泉宿の開業は明治35年(1902年)。北海道では湯の川温泉に次いで2番目に長い歴史を持つ。湯は冷泉のため一旦加温し湯船に投入しているが、茶褐色の湯が肌にまとわりつくようなヌルッとするような浴感で、湯上がり後は肌がツルツルになる。温泉の泉質はナトリウム-塩化物強塩泉。温泉の効能は神経痛、冷え性、筋肉痛、皮ふ病、切り傷、胃腸病、疲労回復など。

タイトルとURLをコピーしました