樹海温泉

北海道

国道274号線、通称「石勝樹海ロード」沿いにあり、これから命名された樹海温泉。開湯は平成11年(1999年)で、旧穂別町にある温泉施設でキャンプ場に近い。また1億年以上前の恐竜が活躍していた時代の、地層から噴出する天然化石水を使用した温泉施設。清潔感溢れる浴室には大きな主浴槽のほか、原生林を眺めながらの入浴が楽しめる露天風呂も完備。湯は2km程離れた砂岩層から自然に湧き出ている、冷鉱泉をタンクローリーで運んで浴用に加熱している。温泉の泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、慢性消化器病・痔疾め、冷え性切り傷火傷、慢性皮膚病など。

【開湯日】

平成11年(1999年)

【温泉の泉質】

カルシウム・ナトリウム-塩化物泉

樹海温泉 アクセス

⚫️札幌➡︎車➡︎80分(R274沿)
⚫️JR日高本線鵡川駅➡︎バス➡︎約60分

樹海温泉 近くの観光ガイド【中村記念館 】

新潟県で問屋を営んでいた中村平八郎が、北海道の石油調査で明治24年に来道。 苦労を重ねた結果、ようやく穂別で良質の石油を発見。 石油業は17年ほど続けたが、その後、農業や木炭業などを営む傍ら、村役場の総代人や村会議員、農会の評議員・会長等の役職に就き昭和27年死去され、村の功労者として讃えられ中村記念館が建てられ 平成13年に国の登録有形文化財に登録された。

タイトルとURLをコピーしました