湯岐温泉

福島県
お湯には特徴がない@湯岐温泉 湯遊ランド はなわ・福島県塙町

福島と茨城の県境付近、そして阿武隈山地の南端、久慈川上流部の支流のそのまた支流、湯川沿いの標高500m近い、花崗岩の割れ目から湧出している湯岐温泉。それが湯岐の由来となっている。開湯は天文3年(1534年)と歴史は古く、中風の湯として知られてきた。山形屋・和泉屋・井桁屋の3軒の宿と共同浴場が寄り添うように並んでいる。江戸時代には水戸藩の儒学者藤田東湖もここで静養したと云われている。また江戸中期には幕府の天領という由緒あるいで湯で、どこかおっとり、のんびりした秘湯。ぬるいお湯に半日つかりながらゆっくりと疲れをいやすのが、湯岐の温泉マナーである。湯は無色透明の湯は温めで、ツルツルする肌触りになると評判。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。泉温は38.7度。温泉の効能は切り傷、火傷、神経痛、関節痛、運動麻痺、慢性消化器病、痔疾など。

【開湯日】

天文3年(1534年)

【温泉の泉質】

アルカリ性単純温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

38.7度     9.7

湯岐温泉 アクセス

●JR磐城塙駅➡︎バス➡︎片貝行き➡︎湯岐温泉入口➡︎下車
●東北道➡︎いわき勿来IC➡︎R289・県道111号➡︎経由➡︎約25km➡︎約40分
●常磐自動車道➡︎那珂ICI➡︎車➡︎約80分
●東北新幹線➡︎白石蔵王駅➡︎タクシー➡︎約15分

湯岐温泉 近くの観光スポット【はなわの古民家】

江戸末期の280年前に塙町植田地区に建てられ、名主が所有していたと思える旧家を復元した。旧家は湯遊ランドはなわの正面に移築し、当時の生活様式を見ることができる。ここは公営温泉施設の一角にあり、幅広い年代層が楽しめる場所でもある。初夏の季節には広大な山つつじ。夏から秋にかけてはダリアも見事に咲き誇る。ダリア祭り期間中は古民家カフェも開催。

タイトルとURLをコピーしました