赤井川温泉

北海道

赤井川村の市街から少し西側の小高い丘に位置し、赤井川カルデラのほぼ中央部にある公共温泉の赤井川温泉。開湯は昭和63年(1988年)の日帰り入浴専門の温泉施設。湯は無色透明で豊富な湯量でゆったり入浴できる。また塩素殺菌なしのかけ流しで、ヌルヌルとした湯触りは肌に優しく美人湯として知られる。源泉が高温のため、水道水で加水(温度調節)露天風呂では、岩壁から湯が流れ落ちており、野趣満点“日本一の美しい村を目指す”赤井川村の唯一の温泉施設。温泉の泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、痔疾、慢性消化器病、動脈硬化症、慢性皮膚病、切り傷、火傷、慢性婦人病、冷え症など。

タイトルとURLをコピーしました