支笏湖いとう温泉

北海道

支笏湖の北側湖畔にある伊藤温泉は、子宝の湯としても知られる名湯。支笏湖温泉街からは湖をはさんでちょうど反対側にあり、落ち着いた静かな場所なので秘湯ムード漂う温泉宿。開湯は昭和32年(1957年)で、道内でも古い温泉のひとつ。建物は昭和の趣、築50年は経っているというのに綺麗。自炊が原則なので大きい台所には何台もガス台や炊飯器が置かれ無料で使える。湯舟は正方形をしていて4人?5人ほど入れて、無色透明の湯が脇の蛇口から大量に注がれ湯舟からも溢れている。日帰りでも利用できる。温泉の泉質名はナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉。効能は胃腸病、アトピー・湿疹、神経痛、婦人病など。

タイトルとURLをコピーしました