苗場三国峠温泉

新潟県

江戸時代、寛永12年(1635年)に参勤交代が始まり、大名の本陣として利用されてきた三国峠。当時の三国峠は越後側からは米、猟、銀、金などの荷物、上州側からは竹や綿などの荷物が通り、庶民の旅行者も多く浅貝宿も大変賑わっていた。その後、昭和34年(1959年)に国道17号線が全面開通し、更に昭和37年(1962年)には苗場スキー場のオープンし、当地はスキー観光地として発展した。また平成8年(1996年)にが開湯し、苗場三国峠温泉として親しまれてきた。褐色した湯で、約46度から52度と湯加減も最高。温泉の泉質はアルカリ性低張性高温泉、カルシウム−硫酸塩温泉。温泉の効能は神経痛、動脈硬化症、切り傷、火傷、慢性皮膚病、運動麻痺、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進 など。

【開湯日】

寛永12年(1635年)に

【温泉の泉質】

アルカリ性低張性高温泉、カルシウム−硫酸塩温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

42.2度    6.6中性

苗場三国峠温泉 アクセス

●JR上越新幹線➡越後湯沢駅下車➡苗場➡車➡約30分
●湯沢IC➡R17➡群馬県方面➡約30分

苗場三国峠温泉 近くの観光スポット【山鳥原公園】

山鳥原公園は、総面積96.323平方mの敷地内に管理棟、渓流釣場、遊歩道、山野草園、東屋等があり、山野草園や白樺とツツジの森、旧三国街道を再現した石畳の路など自然を活かした公園。自然散策にも最適で、花ではアザミ、ネジバナ、ヤマオダマキなどやキビタキやオオルリ、ヤマセミなどの野鳥を見ることもできる。秋ともなればブナや楓、白樺の紅葉など、足下にナナカマドの実が赤く色付く、山野草園の散策が楽しめる。

タイトルとURLをコピーしました