館城温泉

北海道

厚沢部町は道南の日本海側、江差町から車で1時間ほどの内陸にあり、道々上磯厚沢部線沿いの館町市街地から約1kmに位置する館城温泉。開湯は昭和59年(1984年)と古く、昔から地元で親しまれている温泉。のどかな田園風景の中地域住民の憩いの場として親しまれている、町営の憩いの家があり日帰りの温泉施設。8人ほど入れるダイヤモンド型の浴槽には、透明感のある草色に濁った湯が掛け流し状態になっているが少し温目。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。温泉の効能はリウマチ性疾患、運動機能障害、神経麻痺、神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病など。

タイトルとURLをコピーしました