ニニウ温泉

北海道

道道占冠穂別線の占冠と福山のほぼ中間に位置するニニウ温泉。開湯は昭和59年(1984年)で、石勝線の鬼峠トンネル掘削中に発見し、ニニウ自然の国の占冠村サイクリングターミナルに湧いている。現在でも道路のほとんどがダートで、ニニウ(仁々宇)集落は過疎が進み、あまり知られていない貴重な温泉で、サイクリングターミナル以外は何もない。湯は木と大理石を巡らせた明るく清潔な食塩泉。体の芯から温まる。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。温泉の効能は慢性皮膚病、神経痛、疲労回復、リウマチ、慢性消化器病など。

タイトルとURLをコピーしました