鬼押温泉

群馬県

日本有数の火山、浅間山の北麓に広がる高原リゾートに湧く鬼押温泉。鬼押出しとは、浅間山の噴火で有名なの天明3年(1783年)の大噴火で、火砕流や降灰などにより麓や周辺に大きな被害をもたらした。この時に流れ出た溶岩の跡がである。温泉の歴史は、昭和48年(1973年)のボーリングをはじめて、昭和56年(1981年)に完成した新しい温泉。湯は灰色がかった緑色で、肌にやさしく柔らかで、泉質、湯量、湧出量と三拍子揃った群馬県内でも屈指の天然温泉。温泉の泉質はナトリウム・硫酸塩・炭酸水素塩泉。泉温は36度。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、やけど、疲労回復など。

【開湯日】

 昭和56年(1981年)

【温泉の泉質】

 ナトリウム・硫酸塩・炭酸水素塩泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   45.3度    7.3の中性

鬼押温泉 アクセス

●上信越道➡︎軽井沢IC➡︎R18車・146号➡︎経由➡︎約33km
●JR軽井沢駅➡︎タクシー➡︎約40分
●JR軽井沢駅➡︎R18➡︎中軽井沢方面➡︎R146➡︎鬼押しハイウェイ➡︎R235➡︎右折1Km➡︎峰の茶屋➡︎R146➡︎北軽井沢交差点手前➡︎R235➡︎左折2.5Km。

鬼押温泉 近くの観光スポット【鬼押出し】

天明3年(1783年)の浅間山噴火で生まれた「鬼押出し」。火口で鬼があばれ、岩を押し出したと云う、当時の人々の噴火の印象が名前の由来となった。溶岩の凝結地帯の幅は3km、距離12km、中央高台には大噴火の犠牲者を供養する浅間山観音堂があり、見晴らし台から鬼押出園内や浅間山、浅間山高原から白根山を見渡せる。

タイトルとURLをコピーしました