新冠温泉

北海道

北海道日高地方は温泉の少ない地域で、平成8年(1996年)に新冠町の市街から少し離れた丘の、地下2000mから温泉を掘り当てたのが新冠温泉。温泉施設は平成10年(1998年)にオープンした巨大なログハウスだ。新冠町は太平洋に面した小さな町で、数多くの牧場があり競走馬の産地として有名だ。新冠温泉「レ・コードの湯」は地元のレコード博物館に因んだ名前。浴室には男女別の別の内湯と屋根がかかった露天風呂があります。内湯にはサウナや水風呂、寝湯、うたせ湯などもあります。湯は黄褐色の湯で、すべすべ感があります。露天風呂からの景色もよく、のんびりとすることができました。他に貸切の家族風呂もある。温泉の泉質はナトリウム-塩化物泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、間節のこわばり、痔疾、慢性消化器病、慢性便秘、皮膚炎、病後回復期、虚弱児童、婦人病、冷性、切傷、火傷etc。

【開湯日】

平成8年(1996年)

【温泉の泉質】

ナトリウム-塩化物泉

新冠温泉 アクセス

●道央自動車道➡︎日高自動車道➡︎日高厚賀IC下車➡︎R235
●札幌市➡︎バス➡︎高速ペガサス号➡︎新冠市街地下車)
●千歳空港➡︎車 ●苫小牧市➡︎車                

新冠温泉 近くの観光ガイド【レ・コード館】

新冠町は、サラブレッドの生産で知られるているが、実はレコードの町としても有名。町のシンボルで知られる、優駿の塔と呼ばれる展望台がルにもなっているがレ・コード館。ここは約98万枚と云う膨大なレコードコレクションがあり、また今でもしっかりと動く歴史的にも貴重な蓄音機なども展示されている一大レコードミュージアム。20世紀の偉大な文化遺産であるレコードを世界的なスケールでコレクションしている。

タイトルとURLをコピーしました