留真温泉

北海道

明治中期、明治33年(1900年)頃に発見された留真温泉、当時は近隣の人々か川岸に掘っ建て小屋を建て、五右衛門風呂を据えて農閑期に利用してたらしい。大正4年(1915年)には、中川北松という人物が浦幌町生剛市街の廃業旅館を譲り受け、留真温泉館を建築、本格的に営業を開始した。炭鉱の閉山で一時閉鎖されたが、昭和41年(1966年)に浦幌町が復興し、現在は民営となっている。湯は少し硫化水素臭がし、塩味がしツルツル感がある。温泉の泉質は単純硫黄泉。温泉の効能は神経痛、リウマチ、糖尿病、アトピーなど。

タイトルとURLをコピーしました