岩尾別温泉

北海道

知床半島の主峰羅臼岳の北麓に位置し、原生林に囲まれた温泉が岩尾別温泉。古くからアイヌの人々には知られていたが、大正年間に形ばかりの旅館ができる。ホテル地の涯が昭和38年(1963年)に開業し、昭和56年(1981年)の土石流災害により宿泊客が孤立、自衛隊による救出騒ぎとなった。岩尾別温泉は、知床連山の主峰である羅臼岳のウトロ側登山の入り口に湧く、源泉100%の温泉。露天風呂の近くまで野生のエゾ鹿が顔を出すほど山奥深いが宿が2軒ある。知床半島を挟んで左右にはオホーツク海と根室海峡が広がり羅臼岳山頂からの眺望は素晴らしい。冬期間は2軒とも閉鎖される。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉。泉温は61度。温泉の効能は神経痛、腰痛、切り傷、打ち身、冷え性、痔疾、皮ふ病、筋肉痛など。

【開湯日】

昭和38年(1963年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉

岩尾別温泉 アクセス

●JR知床斜里駅➡︎バスウトロ温泉行き➡︎ウトロ温泉下車➡︎タクシー➡︎20分
●国道334号➡︎分岐➡︎道道93号➡︎知床五湖方面➡︎岩尾別川➡︎岩尾別温泉

岩尾別温泉 近くの観光ガイド【フレペの滝(乙女の涙)】

フレペの滝(乙女の涙)といわれるロマンチックな滝で、山々から流れてきた地下水が、断崖の途中から染み出しホロホロと流れ落ちるような滝。高さ約100mの断崖から海へと直接流れ落ちる。年間を通して水量が少なく、シトシトと流れ落ちる様から乙女の涙とも呼ばれています。チカポイ岬に設置された展望台からは、滝の流れ落ちオホーツクのる広大な海が目の前に臨め、背後には半島を成す知床連山が見渡せる。

タイトルとURLをコピーしました