栗沢温泉

北海道

岩見沢市の隣、栗沢町の町外れにある静かな一件宿が栗沢温泉。開湯は明治42年(1906年)で、空知管内ではトップクラスの歴史を誇る。その後、大岩温泉・宮本温泉と名前を変え、昭和33年(1958年)から経営者が変わって現在の栗沢温泉となった。湯は微妙に白く濁り硫黄といったような臭いは感じない。湯に浸かるとこれがまたけっこうなツルツル感がある。現在は日帰り入浴のみで、加温しているが、かけ流しの良泉だ。温泉の泉質は単純硫黄泉。温泉の効能はリウマチ性疾患、慢性中毒症、にきび、しもやけ、糖尿病など。

タイトルとURLをコピーしました