新ないえ温泉

北海道

道央道奈井江砂川インターから約1kmほど東のところにある公共温泉が新ないえ温泉。かつて石炭産業で栄えた奈井江町の廃校になった三井奈井江中学校の校舎を利用して昭和47年(1972年)に開業、平成2年(1990年)にリニューアルしてホテルとなった。湯は肌がツルツルになり、慢性皮膚炎などにも良く効くと云われ、美人の湯としても評判。また札幌?旭川の間の利用者にとっては最高のアクセスで、周囲は森に囲まれて自然環境も良い。館内の内風呂は天井が高く、大きな窓から差し込む日の光が心地よく、こぢんまりとした露天風呂は木々の緑が身近に感じられ開放感たっぷり。温泉の泉質は含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型)。温泉の効能は慢性皮膚病、冷え性、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、痔疾、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、慢性婦人病、切り傷など。

【開湯日】

昭和47年(1972年)

【温泉の泉質】

含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型)

新ないえ温泉 アクセス

●JR奈井江駅➡︎バス➡︎ないえ温泉行き➡︎20分➡︎終点下車すぐ
●道央道➡︎奈井江砂川IC➡︎道道114号経由➡︎1km

新ないえ温泉 近くの観光ガイド【不老の滝】

奈井江町の市街地から18kmに位置する不老の滝は高さ45m、幅10mの立派な滝。不老の滝までは道中は道幅も狭く、ヒグマの生息地でもあるため入林には注意が必要。またダンプなどが終日通行しているので、入林される方は十分注意しての通行が必要。時折、通行止めになる場合があるので、看板や
HPなどの情報を確認して安全に入林されは望まれる。また春先は雪解けなどで起こる法面崩落や落石、異常気象などにより、突発的に通行止めがあつので注意。

タイトルとURLをコピーしました