越川温泉

北海道

知床半島の付け根に広がる斜里町越川地区は、ジャガイモの生産で知られる畑作地帯。その越川で、地元の農家30戸余りが運営する越川温泉がある。開湯は昭和51年(1976年)で、源泉100%の掛け流し。ちょっと熱めに調整されており、ビリビリとくるずっしり重い湯で、臭いは金気臭と土類臭が混じったようなもので、肌がペタペタするような肌触り。温泉には農家が資金を出し合って建設した小さな休憩室(無人)があり、家族ぐるみで交流できる場として人々に大切に守られている。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、運動麻痺など。

【開湯日】

昭和51年(1976年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉

越川温泉 アクセス

●札幌➡︎約393km、●千歳➡︎約422km、
●小樽➡︎約427km、●苫小牧➡︎約445km。
●JR知床斜里駅➡︎車➡︎約5分・徒歩➡︎約20分
●根室中標津空港➡︎約50km
●女満別空港➡︎レンタカーor知床エアポートライナー
●JR釧網線➡︎知床斜里駅➡︎下車市街地➡︎ウトロ温泉バスターミナル➡︎バス➡︎1時間

越川温泉 近くの観光ガイド【オシンコシンの滝】

日本の滝百選にも選定されたオシンコシンの滝は、斜里とウトロを結ぶR334沿いのチャラッセナイ川に懸かる滝。水野流れが途中で二筋に分けれて落ちるため、双美の滝と呼ばれている。滝の中ほどで階段で上がることができ、なかなか迫力があり白い帯状に流れる滝がもっとも美しい。知床連山の雪解け水が流れ落ちる新緑の頃が一番の見どころ。また滝下の駐車場には売店などもあり、ドライブ途中にひと息つくことができる。

タイトルとURLをコピーしました