端野温泉

北海道

旧端野町のふるさと100年を記念し、平成10年(1998年)に建てられた日帰り温泉施設が端野温泉。平成17年(2005年)に7周年を記念して遠赤磐サウナを設置。端野メビウスの近くにオープンした公共温泉。2種類の泉質が楽しめるのがいい。端野という町の名前は、北見市の旧名野付牛の端にあることから命名、施設名は「たんの」をさかさまにしたもの。また露天風呂は岩風呂の造り。浴場とは別に設けた福祉風呂もあって、お年寄りや体の不自由な方が使いやすいように設計されている。一号井泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。泉質は48.2度。二号井の泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。泉温は16.8号。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症など。

タイトルとURLをコピーしました