生田原温泉

北海道

JR石北本線生田原駅近くの公共の施設、ノースキングに湧く生田原温泉。開湯は平成3年(1991年)で、この町で一番最初に掘り当てた温泉。地下300mからの揚水量は毎分300リットの湯は肌がツルツルにり、保湿効果は抜群と評判。また秋田県田沢湖町にある、玉川温泉で奇跡の効用と称賛されるラジウム岩盤浴を再現している。平成10年(1998年)にオープンした「ちゃちゃワールド館」には、世界40ヶ所から集められた1万点の木の玩具があり、子供から大人まで楽しめる。近くにはテニスコートやパークゴルフ場ができるスポーツ施設やオホーツク文学館など見所が沢山。温泉の泉質は低張性アルカリ性冷鉱泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、健康増進、きりきず、慢性婦人病、冷え性、糖尿病など。

タイトルとURLをコピーしました