塩別つるつる温泉

北海道

温根湯から8kmほど石北峠寄りに位置する一軒宿の塩別つるつる温泉。肌がスベスベなるところから名付けられました。開湯は明治34年(1901年)で、農業を経営していた故岩瀬禎助氏がハッカ草の蒸溜作業中、誤って全身に大火傷を負い生命が危くなった時、塩別温泉の湯を家まで引いて湯治をするとともに、日頃から信仰していたお不動様に一心に祈ったら、火傷は奇跡的に快癒した。昭和8年(1933年)、温泉裏の山腹に不動様を祀りしたのが今も残っている。湯は透った豊富な湯量を誇り、石ケンのよく溶ける弱アルカリ性の天然温泉。温泉の泉質は単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)。温泉の効能は神経痛、リウマチ、糖尿病、慢性湿疹、婦人病、神経痛、リウマチ、糖尿病、慢性湿疹、婦人病、筋肉痛、冷え性、疲労回復、皮膚病、痔疾、痛風、皮膚病など。

【開湯日】

明治34年(1901年)

【温泉の泉質】

単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)

塩別つるつる温泉 アクセス

●旭川市➡︎車➡︎約2時間 ●温根湯温泉➡︎道の駅➡︎車➡︎10分
●北見市➡︎車➡︎R39➡︎旭川方面➡︎約80km8➡︎道央道➡︎上川層雲峡 IC➡︎R39➡︎網走方面➡︎約80km8

塩別つるつる温泉 近くの観光ガイド【北見フラワーパラダイス】

北見フラワーパラダイスは、28haにおよぶ広大な山一面(東京ドーム約6個分)の広大な敷地に、60種・約3万本の季節の花々が花咲き誇る丘陵庭園。頂上からは北見市街、遠くに大雪山系や阿寒方面を一望。
春は紅梅や桜、つつじ、そして道東一、北海道一とも云われるモクレン等の花々。夏は紫陽花、9月末の紅葉まで、四季折々に花と緑の美しい単横できる。

タイトルとURLをコピーしました