吹上温泉

北海道

十勝岳連峰の中腹、標高1000mを超える高地にある吹上温泉。温泉の発見は明治30年(1897年)で、昭和の初めまで温泉宿があり登山客に人気があった。当時は地上1mもの源泉を吹き上げていたことから、吹上温泉と名づけられた。明治末期に温泉宿の営業が始まったが、昭和7年(1932年)に吹上温泉株式会社が設立されて湯治場として栄えたが、昭和18年(1943年)に温泉宿は廃業。その後露天風呂は当地に放置されたが、昭和63年(1988年)の十勝岳噴火以降の湯温上昇により野湯の利用者が増え、平成3年(1991年)に露天風呂が整備された。またドラマ「北の国から」で宮沢りえとと田中邦衛が入浴したことから、全国的に一躍有名になった。温泉の泉質はカルシウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温は42.9度。温泉の効能は慢性皮膚病、神経痛、リウマチ、五十肩、慢性婦人病など。

【開湯日】

明治30年(1897年)

【温泉の泉質】

カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物泉

吹上温泉 アクセス

●JR富良野駅➡︎バス➡︎十勝岳行き➡︎吹上保養センター➡︎下車
●札幌➡︎道央道➡︎滝川IC➡︎R38・R237➡︎上富良野町市街➡︎道道吹上線➡︎十勝岳温泉方向➡︎約17km➡︎T字路➡︎左折2.5km
●札幌➡︎172km(約3時間)
●JR札幌駅➡︎函館本線➡︎旭川駅下車(約1時間30分)

吹上温泉 近くの観光ガイド【十勝岳温泉高原】

十勝岳の南麓・中腹に位置する十勝岳温泉高原。標高は1,00mを越え、低地では見られない高山植物での蝦夷松が群生し、周辺にはトレッキングが可能な道が作られ、高地を散策もできる。季節を通して四季を感じられ、特に紅葉の時期には植物の様々彩りに包まれるまた。散策路は噴火口まで続き、キタキツネやシマリスに遭遇する事もある。

タイトルとURLをコピーしました